月10,000PV達成記念!3PySciのアクセスアップ戦略を分析してみる その2:戦略編

スポンサーリンク

アクセス数の解析を戦略へ

前回、月10,000PVを達成した記念として、3PySciのアクセスがどのように変わってきたかを解析してみました。

月10,000PV達成記念!3PySciのアクセスアップ戦略を分析してみる その1:解析編
月10,000PVを達成しました!2020年1月31日、3PySciを始めて8ヶ月半。つまり9ヶ月目にしてとうとう月10,000PVを達成することが出来ました。アクセスしてくださった皆さん、ありがとうございます。...

しかし解析しただけでは何にもなりません。

これを戦略として次に生かしていく。

それがアクセスアップをするために重要なことです。

ということで今回はまずは3PySciの基本戦略を振り返り、さらに今回の解析結果からどういった戦略をとっていけば、アクセスを増やすことができるのか考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

3PySciの戦略の振り返り

3PySciの理念としては、Aboutにあるように「色々な情報を分かりやすく解説して、少しでも多くの人が何かしら新しい事に興味をもつきっかけになってほしい」という思いで運営をしています。

また基本戦略としては以下の5つを挙げています。

  • 継続できるブログを作る
  • 分野にこだわらない
  • 軸を複数持つ
  • 誰に向けて書くか?
  • 競合ブログとの差別化

細かいことはこちらの記事をご覧ください。

100記事達成したので、3PySciを解析してみる 〜100記事書いてアクセスは増えたのか?〜
ちまたで言われる3ヶ月、100記事2019年5月12日より始めた3PySci。5ヶ月目にしてやっと100記事超えました。ちまたでは3ヶ月、100記事でアクセスが増えると言われ、ブログを始めた人はまずはこれを目標に頑...

この5つの基本戦略に対しては現状では達成できていますし、特に大きな変更はありません。

ではこれらが前回解析した結果とどう符合していくのかちょっとみていきましょう。

スポンサーリンク

解析と戦略の比較1:Googleの評価に対して

前回、Google がどのようなウェブサイトを評価するかというガイドラインを紹介しました。

そこでGoogleが高く評価するのは「あなたが作った誠実でためになるページ」ということです。

「誠実で」というのは「ユーザーに嘘をつかず、また不正をせず」ということだったので、そんなことは当たり前のことなので省略。

ということで私にとって重要なのは「あなたが作ったためになるページ」という部分です。

そこで出てくるのが3PySciの理念。

「色々な情報を分かりやすく解説して、少しでも多くの人が何かしら新しい事に興味をもつきっかけになってほしい」ということで、「ためになるページ」にしていきたいという思いなわけです。

これはGoogleの方針と合うので、自分で言うのも何ですが評価されやすいんじゃないかなと。

もう一つ重要なのが、「あなたの作った」という部分。

これは3PySciの基本戦略の「競合ブログとの差別化」と合致しています。

最初に3PySciの基本戦略を紹介したときに言っていたのは、こんな感じ。

文章が下手なのは言わずもがな、さらに文章に装飾もほとんどしないのも私の性格。

それでも私の文章に合う人はいるだろうし、文章に装飾がしていない方が好きという人もいるでしょう。

もちろん分かってもらえるように書くというのは必要なことですが、そのために何かを真似るということではなく、自分が良いと思った書き方で書くことにより、他の解説サイトとは差別化できると思います。

100記事達成したので、3PySciを解析してみる 〜100記事書いてアクセスは増えたのか? その1:戦略編〜

特に重要なのは「自分が良いと思った書き方で書くこと」ということ。

3PySciは解説サイトなので、アクセスする人は3DプリンタやPythonの分からない部分を調べるためにアクセスしていると思います。

ですが説明というのは、どんな上手く説明しても分かってくれる人と分かってくれない人がいます。

逆にどんなに説明が下手でも同じように分かってくれる人と分かってくれない人がいます。

ブログというシステム上、誰が見にくるか分からないし、見にきた人が分かってくれるかどうかも分かりません。

であれば、自分ができる最大限のページを置いておいて、その説明で分かってくれる人がいればいいというスタンスで記事を作るのがいいかなと思っています。

特に3PySciのPython関連の記事を見てもらえると、多分他のサイトとの違いが明確に分かってもらえると思います。

3PySciでは「こうしたら成功するよ」という方法はもちろん「こうしたらこういうエラーが出るよ」というところまで解説しています。

でも多分、ほとんどのプログラミングサイトでは解説していないことでしょう。

むしろ解説していなくて自分が困ったので、エラーまで解説に含めています。

こう言ったちょっとしたことが他のサイトとの差別化になっていくのだと思います。

ちょっと長くなりましたが、まとめると今のところ3PySciの戦略はGoogleの方針と合致していて、このまま続けていっても大丈夫だろうと考えています。

スポンサーリンク

解析と戦略の比較2:記事アップの方法について

前回、どうやら記事のアップの仕方でアクセス数が伸びたり、停滞したりなんてことがあるんじゃないかと推測しました。

前回出したグラフがこれ。

2019年7月まではPythonの記事をアップしているため、9月頃までの伸びはPythonの記事だろうと考えています。

またその後、Python関連の記事をアップしなくなったので、一度アクセス数の伸びが遅くなってしまいました。

しかし今度は3Dプリンタ関連の記事を数多くアップしたので、そちらが評価され12月頃から再度伸び始めたと推測されます。

このことから言えることは、以下の3つ。

  • 特定の分野の記事を集中投下すると数ヶ月後に一気に伸びる
  • 記事の分野を一気に変えるとアクセスの伸びが停滞する
  • 違う分野の記事を集中投下するとまた数ヶ月後に一気に伸びる

ということで戦略としては、「特定の分野の記事をある一定期間で多くアップする」というのが良さそうです。

これは特化ブログだと無意識にやっていることでしょうが、雑記ブログの方もなるべく「今週はこの話題」とか一定期間でアップする話題を絞った方が効率的かもしれません。

また今回の失敗としては、Pythonの記事を書いていたのが、3Dプリンタの記事ばかり書くようになってしまったことです。

もしあるメインとなる分野を切り替える際は、徐々にアップする話題を変えていくことで、アクセス数の伸び方が停滞しなくて済むかもしれません。

ということで月10,000PVを達成した記念ということで、3PySciの解析と戦略の練り直しをしてみました。

今後自分がこの教訓を生かしていくか分かりませんが、もしみなさんの役に立てば幸いです。

次回はせっかくなので月10,000PVを達成した2020年1月の記事ランキングを紹介ようと思います。

月10,000PV達成記念!3PySciのアクセスアップ戦略を分析してみる その3:アクセスランキング編
2020年1月のアクセスランキング前回、前々回と月10,000PV達成記念として、アクセスアップ戦略の分析を行ってきました。今回はその締めくくりとして、月10,000PVを達成した2020年1月のアクセスラ...

ではでは今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました