Ender-3にオートベッドレベリングを追加したい 〜その3:組み込み後編〜

スポンサーリンク

ケーブル接続

前回までにオートベッドレベリングを導入するため、センサを固定し、ケーブルを外して、ファームウェアの書き換えを行いました。

Ender-3にオートベッドレベリングを追加したい 〜その2:組み込み前編〜
センサ開封の儀前回、オートベッドレベリングを導入するための準備を行いました。今回はまずは届いたセンサの開封の儀から始めます。今回購入したのはこちら。今回は箱に入って届きました。安いけ...

今回はケーブルを接続し、調整していきましょう。

ここで1つ間違いやすい点が出てきます。

センサから出ている赤、青、黒のケーブルをピン27アダプターボードを介して、マザーボードのディスプレイ端子に接続します。

しかし実はこの3連のケーブルをどう挿しこもうが、正解の差し込み方にはなりません。

ちなみに正解はこちら。

「SIG」に青色のケーブル、「GND」に黒色のケーブル、「UCC」が赤色のケーブルとなるように差し込むのが正解です。

そのため、ジャンパワイヤーで接続する必要があるのです。

ちなみに黄と黒のケーブルは、黄のケーブルがEnder-3の前側、黒が後ろ側になるように接続します。

他のケーブルは最初にあったように接続し直すのですが、これはマザーボードの奥側からやっていくとやりやすいでしょう。

スポンサーリンク

設定の調整

マザーボードの接続が元に戻せた時点で、センサとノズルの高さ(オフセット)を教えてあげる設定をしましょう。

ちなみにまだケーブルの接続しなおしなどがあるかもしれないので、マザーボードの蓋は開けたままにしておいた方が効率的かもしれません。

電源ケーブルを繋ぎ、電源を入れます。

これまでの作業が間違いなくできていたら、Ender-3の電源を入れた際、こんな感じでセンサがカチカチと動きます。

最後にセンサのLEDが青色に点灯したら、センサの起動は成功です。

そしてとりあえず初期画面になるまで待ちます。

ノブをクリックして、メニューを表示させます。

そして「Prepare」をクリックして、

「Auto home」をクリックします。

するとまずはXYの位置を確認し、センサがビルドプレートの真ん中まで行き、2回高さを測定します。

この際、センサの接続が間違っていたりすると、おかしな挙動を示します。

おかしな挙動1:XYリミットスイッチに当たってもモーターが止まらない

これはXYリミットスイッチの配線が間違っている可能性が高いので、配線を確認してください。

おかしな挙動2:ノズルがビルドプレートを押しながらまだ下がろうとする

センサの配線が間違っており、センサが認識されていない可能性があります。

もしくはセンサのプローブが動けないよう何処かと干渉している可能性があります。

センサのLEDが点灯しているか、また高さを測る際、ちゃんと下がっているかを確認してください。

もし正常でなければ、センサの配線やプローブがスムーズに動くかを確認してください。

ファームウェアが書き換わっていれば、「Control」>「BLTouch」からセルフチェックをすることもできます。

「Auto home」が成功したら、まずはノズルの高さを0にします。

そこで「Prepare」>「Move axis」>「Move Z」と進みます。

移動量ですが、調整時にどれくらいノズルがビルドプレートと離れているかによって、各自選択してください。

ノズルやセンサを壊すのが怖い場合は、多少時間がかかっても「Move 0.1mm」でゆっくり調整するのがオススメです。

Zの高さを0にします。

Zの高さを0にしたら、ノブをクリックして前の画面に戻り、メニューの一番上を何度か選び、メニュー画面の最初まで戻ってください。

そして「Control」>「Motion」>「Probe Z Offset」と進みます。

今度はノズルとビルドプレートの間が、紙一枚入るような距離になるようにZオフセットを調整します。

この時に完全に抜けなくなるまで下げるのではなく、多少抵抗を感じるくらいに調整します。

また一度印刷してみて、さらに調整をするのがいいでしょう。

調整し終わったら、またメニュー画面の最初まで戻り、「Control」に進みます。

そして「Store settings」でノブをクリックします。

見た目上何も起こりませんが、これで設定が保存されます。

ここまででEnder-3へのセンサ導入、設定は完了です。

次回はプリントする際にオートベッドレベリングを行うようソフト側、つまりUltimaker Curaの設定を行なっていきます。

Ender-3にオートベッドレベリングを追加したい 〜その4:Ultimaker Cura設定、そして完成編〜
Ultimaker Curaの設定これまでにオートベッドレベリング導入のため、ハード面の導入を行なってきました。次にソフト面、Ultimaker Curaの設定を行います。何を設定するかというと、プリントす...

というわけで今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました