Wifi接続で日々の体重を自動で記録してくれる体重計 エレコム エクリア体組成計 その1

スポンサーリンク

新しい体重計を買ったよ!

最近、ダイエットのため体重を新しくしました。

今までは単純に電源を入れて乗ったら、体重、体脂肪、筋肉量、1日の消費カロリー量なんかが表示されるものを使っていました。

そして出てきた体重、体脂肪を「RecStyle」というアプリに入力し、体重、体脂肪の変動を記録していました。

RecStyle カロリー管理と体重記録のダイエット アプリ

RecStyle カロリー管理と体重記録のダイエット アプリ

MEDIANO Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

しかし頑張ろうと思った数日間は体重計に乗って、アプリで記録をするのですが、少し気を抜くと体重を測ってもアプリに入力するのを忘れる。

そしてアプリに記録し忘れると、今度は体重計に乗るのが面倒になるという悪循環を招いていました。

この悪循環を断ち切るために、新しい体重計を購入したというのが今回のストーリーです。

スポンサーリンク

エレコム エクリア体組成計

今回購入した体組成計は「エレコム エクリア体組成計」です。

体重計というとタニタやオムロンなんかが有名だと思います。

しかし今回はそれらの有名な会社を抑えて、コンピュータの周辺機器会社であるエレコムの体重計を購入しました。

今回、体重計を選定するにあたり重要視したのは「いかに簡単に使えるか」ということです。

体重計に乗って体重を測定して、それがスマホのアプリに記録されていく。

乗ったら確実に記録されていくシステムを一番重視しました。

そう考えた場合、タニタやオムロンの体重計ではbluetoothでスマホのアプリと繋ぎ、記録する形式が多く、スマホを体重計のある場所に持っていかないと記録できないようでした。

(実際使ったことがあるわけでは無いので、正しいか分かりません)

その反面、エレコムのエクリアではWifiでインターネットに接続し、サーバーにデータを記録する方式をとっており、後でアプリでそのデータを取得・表示するというものでした。

つまりエクリアでは体重計に乗りさえすればよい。

ものすごく簡単だなぁと思ったのが購入の決め手になりました。

ただこの方式にもデメリットはあります。

もしデータを保存するサーバーがサービスを終了してしまったら、スマホとの連携はできなくなります。

こちらに関しては今気にしても仕方ないことなので、とりあえず気にしないことにします。

もうひとつのデメリットとしてWifiがうまく繋がらなかったら、データはサーバーには保存されません。

つまりエクリアと無線LAN親機の接続の安定性が快適に使用できるかどうかを分ける要因になるわけです。

そこら辺をちょっと心配しつつ、とりあえず購入することにしました。

ちなみにスペックとしてはこんな感じです。

最大計量最大150kg
測定単位2.5kg~100kg:50g単位、100kg~:100g単位
体重計精度2.5kg~75kg:±100g、75kg~100kg:±150g、100kg~150kg:±300g
体重差-9.9kg~9.9kg:100g単位 ※前回値のみ
BMI0.4~150:0.1単位
体脂肪率5%~75%:0.1%単位
体脂肪率判定9段階
骨格筋率5%~75%:0.1%単位
骨格筋率判定9段階
内臓脂肪レベルレベル1~30:1単位
内臓脂肪レベル判定6段階(標準:3段階、高:3段階)※内臓脂肪レベルについては「低」の判定がありません。よって、本体パネル上「低」の3段階のLEDは、測定結果によらず常に点灯します。
骨量0.1kg単位
基礎代謝量500kcal~3000kcal/日:1kcal単位
地域5拠点
ユーザー登録数4人
性別男/女
身長100.0cm~250.0cm:0.5cm単位
電源DC6V 単4形乾電池×4本(外部電源 DC5V :USB Type-Cコネクタ搭載)
電池寿命約1年(アルカリ乾電池使用時)
メモリ表示メモリ 前回値(体重差のみ)本体記録メモリ 最大30回分(各ユーザー)
通信方式無線LAN IEEE 802.11b/g/n準拠
質量約1.5kg(乾電池を除く)
寸法 約幅309×奥行289×高さ32mm(カーペット脚取付時)

引用:エレコム エクリア 体組成計 製品ページ

スポンサーリンク

開封の儀

ということで購入したので、開封の儀です。

とりあえず箱から。

日本の企業らしく綺麗なパッケージになっています。

開けてみました。

壊れないようにしっかりと梱包されています。

入っているものとしては、「本体」「スタートアップガイド」「取扱説明書」「電池」「カーペット用足」です。

左上の黒い物体が「カーペット用足」なのですが、どうやら柔らかい床で測定すると正確に体重が測れないので、その際に使う足のようです。

スペック上本体の大きさは約幅309×奥行289×高さ32mmです。

とりあえず短いですが定規を置いて撮影してみました。

奥行きが縦方向の長さですが、29cmくらいあるので、余程足が大きい人でなければ足は全部乗せられるでしょう。

ちなみに体組成計なので電流を足に流し、体脂肪率を測定するのですが、このエクリアでは電極らしいものは見当たりません。

実はITOガラスと言われる透明で電気を通すガラスで表面が作られています。

よーくみると少し黄色がかった部分が上下に分かれているのが分かると思います。

その黄色がかった部分がITOガラスだと思われます。

今回はエクリアの紹介から開封の儀までにしておきましょう。

次回は設定と実際の使用感に関してまとめていきたいと思います。

Wifi接続で日々の体重を自動で記録してくれる体重計 エレコム エクリア体組成計 その2
ECLEAR APPのダウンロード前回、新しく購入した体重計 エレコム エクリア体組成計の開封の儀を行いました。今回はエクリアを使える状態に設定をしていきたいと思います。エクリアをWifi経由で使えるように...

ということで今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました