FreeCADでロゴなどの形状を埋め込み 〜InkscapeでSVG形式に変換〜

3D Printer
スポンサーリンク

SVG形式に変換するデータの準備

前回、FreeCADでロゴなどを埋め込むため、InkscapeとXQuartzのインストールを行いました。

FreeCADでロゴなどの形状を埋め込み 〜InkscapeとXQuartzのインストール〜
Inkscapeのダウンロード前回、FreeCADで文字を埋め込む方法を解説しました。今回はもっと特殊な形状、例えばロゴをデザインに埋め込む方法を解説していきます。まずロゴなんかをSVG形式という画像データ...

今回はInkscapeを使って、ロゴをSVG形式にして、FreeCADのデザインに埋め込んでいきましょう。

まずはSVGに変換するデータが必要ですね。

ということで、なんとなくパソコンっぽい画像を作ってみました。

必要なら、ご自由にダウンロードして使ってみてください。

スポンサーリンク

Inkscapeでファイルの読み込み

ここからInkscapeを使って、SVG形式に変換していきます。

ということでInkscapeを起動しましょう。

Launchpadから、Inkscapeのアイコンを探し出し、クリックします。

起動すると、こんな画面が出てきます。

左上の「ファイル」をクリックして、

「開く」をクリックします。

ファイル選択ウインドウが現れますので、読み込むファイルを選択し、右下の「Open」をクリック。

インポートの方法のウインドウが現れますので、とりあえずそのまま「OK」をクリック。

新たしいウインドウが立ち上がり、画像が表示されます。

スポンサーリンク

エッジの取得

ここからSVGデータを作成していきます。

色々調べてみるとメニューバーの「パス」、「ビットマップのトレース」でできるらしいのですが、どうも私は出来なかったので、頑張って自分で作成することにしました。

なんでうまくいかないのか悩むよりも、画像データを元に作ってしまった方が楽という判断です。

左の縦に並んでいるアイコン群から、「ペンツール」をクリックします。

図形のエッジに沿って、クリックしていきます。

この図では見づらいかもしれませんが、細い緑のが現れてきます。

始点と終点は連結させます。

連結する場合は、始点にマウスを乗せると、始点の白い四角が赤くなります。

外側だけでなく、内側のエッジもクリックしください。

終わるとこんな感じです。

何か変わっているように見えませんね。

次に左側のアイコン群から、「選択ツール」をクリックしてください。

そして描写エリアである白い四角の中で、画像の外を適当にクリックしてください。

つまりここら辺です。

すると全体が選択され、9ヶ所に両矢印が現れます。

その場で右クリックして、現れたウインドウで「削除」を選択してください。

すると元画像が削除され、先ほどエッジをなぞった線のみになります。

スポンサーリンク

SVGデータとして保存

最後にSVGデータとして保存しましょう。

メニューバーの「ファイル」から「名前をつけて保存」をクリックします。

ファイル保存ウインドウが開きますので、「Name」のところにファイル名を入力し、右下のプルダウンメニューで「プレーンSVG(*.svg)」を選択し、「Save」をクリックしてください。

これでSVGデータへの変換は完了です。

とりあえずデータはこちらにアップロードしておきますので、ダウンロードはご自由に。

次回はFreeCADを使って、このSVGデータを3次元化していきましょう。

FreeCADでロゴなどの形状を埋め込み 〜SVGデータをFreeCADで3次元化〜
FreeCADでSVGデータの読み込み前回、Inkscapeを使って、画像データをSVGデータに変換しました。今回はこのデータを使って、FreeCADで3次元化していきましょう。使用するデータはこちらです。...

ということで、今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました