FreeCADでネジ穴を作る 〜タップレンチで作製〜

3D Printer
スポンサーリンク

ネジ穴を作る簡単な方法

最初に言っておきますが、今回はちょっとタイトルに偽りありです。

まずは使えるものを作る精神から、FreeCADで穴を開けたデザインを作り、そこにタップを用いて、ネジ穴を切っていきます。

これは何度かネジ穴の作成をFreeCADで試したのですが、なかなかうまく行かなかったです。

そこで試したのが、ネジ山のないネジ用の穴を開けておいて、タップレンチで削るという方法です。

購入したタップレンチはこちらです。

1,000円ほどで購入できるので、持っていて損はないかなと思います。

サイズはM6、M5、M4、M3くらいが入っていればいいでしょう。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

ネジ穴用の穴を作る

いつも通りFreeCADを起動し、新規作成、XY平面にスケッチを作成します。

そして適当に四角形を描きます。

上の線の中央をY軸に、右側の線の中央をX軸に拘束します。

上の線と右の線の長さを10 mmに拘束します。

これでスケッチを抜け、押し出していきます。

今回は10 mmほど押し出しておきましょう。

今度は上面にスケッチを作成し、適当に円を描きます。

円の中心と原点を重ね合わせ拘束します。

M6ネジ用の穴を作成するので、円の半径を少し小さめの2.8 mmに拘束します。

最後にポケットを使って、穴を開けていきます。

このデザインをstlファイルに変換し、プリントしてみましょう!

スポンサーリンク

プリントしてみる!

今回は推奨設定、レイヤー高さ 0.15 mm、インフィル 10%、サポート・密着性なしでスライスしました。

プリントしたものがこちらになります。

6分だからほんとすぐプリントできますね!

スポンサーリンク

タップレンチで削る

これをタップレンチで削っていきます。

こんな風に穴に垂直にタップレンチを入れ、回して削っていきます。

私はフィラメントとしては硬めのPLAを使っていますが、そこそこ簡単に削ることができます。

削ったものがこちらです。

なかなか分かりづらいかもしれませんが、綺麗にネジ山が形成されています。

スポンサーリンク

3Dプリンタで作成したネジと組み合わせてみる

前回プリントしたネジと組み合わせてみましょう。

FreeCADでネジを作る 〜Fastenersの使い方〜
Fastenersのインストール3Dプリンタを使っていると、欲しくなるのが、ネジとネジ穴。ネジとネジ穴があれば、いくつかの部品を組み合わせて、大きな造形物を作ることもできるようになります。そこで今回は実際にネジとネ...

結構、するすると入っていき、しっかり締めることができました。

ネジは完全3Dプリンタ製、ネジ穴は削ったとはいえ、3Dプリンタ製なので、これでネジやナットを買いにホームセンターに走らなくて良くなりそうです。

是非是非試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました