Wifi接続とUSB接続の両方で使える安くて、簡単なハンディ顕微鏡 〜Mac設定編と残念な点、良かった点〜

Device
スポンサーリンク

Photo Boothで撮影

前回、ハンディ顕微鏡をiPhoneで使えるよう設定をしました。

Wifi接続とUSB接続の両方で使える安くて、簡単なハンディ顕微鏡 〜iPhone設定編〜
Max-seeのインストールとWifi接続前回、Wifi、USB接続で観察できるハンディ顕微鏡を購入し、開封の儀を行いました。今回は設定をして、ちょっと遊んでみましょう。まずはiPhoneで観察できるように...

今回はMacで撮影する方法を解説していきます。

Macで撮影する場合は、特別なソフトウェアは必要ありません。

MacOSに最初からインストールされている「Photo Booth」というソフトウェアを使用します。

「Lunchpad」をクリックして、「Photo Booth」を探してみてください。

見つけたら、クリックして起動します。

実際はMacのフロントカメラの画像が写っていることかと思います。

起動したら、ハンディ顕微鏡の電源ボタンを長押しして、電源を入れます。

電源を入れて、しばらく待つと、自動で顕微鏡の画像に切り替わります。

もし切り替わらなかったら、メニューバーの「カメラ」を開いて、

「GENERAL-UVC」をクリックします。

これで画面が顕微鏡の画面に切り替わると思います。

あとはピントを調節して、撮影ボタンをクリックするだけです。

撮影した写真はこんな感じです。

こちらも思ったよりも綺麗に撮影できていますね。

これなら十分に活用できそうです。

スポンサーリンク

注意点、もしくは残念な点

機能的には結構満足している今回のハンディ顕微鏡。

ただ注意点というか、残念な点がいくつかあったのでそちらも記載しておきます。

まず最初に付属していたUSBケーブルが正常に機能しませんでした。

USBケーブルを接続して、Photo Boothを立ち上げ、電源を入れても、最初全然認識せず、少しケーブルをこねくり回すとたまに認識する状態。

そして手持ちのUSBケーブルを繋いでみたところ、正常に認識されたので、多分断線していたのだと思います。

個人的にはiPhoneでWifi接続で使うよりも、MacにUSBケーブルで接続して、使う予定だったので、結構焦りました。

もしUSBケーブルで接続した際、うまく認識されない場合はUSBケーブルを交換してみてください。

第二に拡大縮小に関してです。

Photo Boothで使っている時に本体裏側の拡大縮小ボタンを押しても何も認識しませんでした。

そこでiPhoneのMax-seeで確認したところ、こちらでは拡大縮小をすることができました。

しかし、拡大倍率が1倍、1.2倍、1.4倍、1.6倍、1.8倍、2倍というなかなかのレンジの狭さです。

撮影してみるとこんな感じです。

ピントは合わせていないので、多少ぼやけているのは気にしないでください。

確かに多少拡大されていますが、2倍程度の拡大率なら、いちいち顕微鏡本体で拡大する必要はないかなというのが正直な感想です。

つまりあまり拡大縮小に関しては期待しないでください。

あとはやはりiPhoneとの接続がWifi接続なのは正直めんどくさいです。

顕微鏡を使っている間はWifi接続できなくなってしまいますので、顕微鏡観察を終えたら、忘れないようにiPhoneのWifiがネットに繋がっているか確認する必要があります。

ここは是非ともBluetooth接続にして欲しかったですね。

とりあえずパッと思いつく残念な点はこんな感じです。

スポンサーリンク

良かった点

良かった点としては、接続にちょっとハードルはありましたが、撮影に関してはかなり簡単なことが挙げられます。

ピント調節は手動のダイヤル調節で簡単ですし、思ったよりピントは合わせやすいです。

撮影もボタン1つでできるので、迷うことはないでしょう。

画像に関しても、自分の頭皮や顔の表皮を見てみたりもしましたが、リアルタイムで見るだけだったら、パッと目的のものに当てるだけで観察できます。

昔、みなさんが理科の授業で使った顕微鏡なんかは、観察するものの厚みに制限が出てきますが、このハンディ顕微鏡なら厚みは関係なく観察することができます。

またバッテリーも搭載していて、スマホと接続して観察できるので、外で観察・撮影がすぐにできるのは、お子さんがいる家庭なら大きな利点になるかと思います。

総合的に見て、ミクロな世界を体験したい方にとっては、安価なのに十分な役割を果たしてくれる、買っておいて損はないハンディ顕微鏡だと思います。

良かったら、購入してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました