Pythonでグラフ表示 matplotlib 〜散布図編〜

スポンサーリンク

散布図を表示する

これまで折れ線グラフと棒グラフの表示方法を解説してきました。

Pythonでグラフ表示 matplotlib 〜線の太さ、色、点線〜
線の太さを変更する前回、折れ線グラフの全体の見栄えを調整する方法を解説しました。今度は線自体を色々変更して、見やすいグラフにしてみましょう。まずは前回のおさらいです。%matplotlib note...
Pythonでグラフ表示 matplotlib 〜棒グラフ編〜
棒グラフを表示するこれまで折れ線グラフに関して解説してきました。いつもいつも折れ線グラフでは面白くありませんよね。今回は棒グラフの表示方法を解説していきます。まずは前回の折れ線グラフのおさらい。...

今回は散布図を表示する方法を解説していきます。

前に使った折れ線グラフから散布図を作っていきますので、まずはおさらいから。

%matplotlib notebook

from matplotlib import pyplot as plt

y1_value = [1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 1028]
x1_value = range(1, len(y_value)+1)

y2_value = [100, 200, 300, 400, 500, 600, 700, 800, 900, 1000]
x2_value = range(1, len(y2_value)+1)

fig=plt.figure(figsize=(10,6))

plt.plot(x1_value, y1_value, label="test1")
plt.plot(x2_value, y2_value, label="test2")

plt.title("Test Graph", {"fontsize": 20})
plt.xlabel("Numbers", {"fontsize": 20})
plt.ylabel("Value", {"fontsize": 20})
plt.tick_params(labelsize=20)
plt.legend(prop={"size": 20}, loc="best")
plt.grid()

plt.show()

実行結果

これを散布図に変更するには、plt.plot()をplt.scatter()に変更します。

%matplotlib notebook

from matplotlib import pyplot as plt

y1_value = [1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 1028]
x1_value = range(1, len(y_value)+1)

y2_value = [100, 200, 300, 400, 500, 600, 700, 800, 900, 1000]
x2_value = range(1, len(y2_value)+1)

fig=plt.figure(figsize=(10,6))

plt.scatter(x1_value, y1_value, label="test1")
plt.scatter(x2_value, y2_value, label="test2")

plt.title("Test Graph", {"fontsize": 20})
plt.xlabel("Numbers", {"fontsize": 20})
plt.ylabel("Value", {"fontsize": 20})
plt.tick_params(labelsize=20)
plt.legend(prop={"size": 20}, loc="best")
plt.grid()

plt.show()

実行結果

散布図へ変更できました。

これを元にして、いろいろいじってみましょう。

スポンサーリンク

点の色を変更する

点の色を変更する方法は、折れ線グラフの時と同じです。

Pythonでグラフ表示 matplotlib 〜線の太さ、色、点線〜
線の太さを変更する前回、折れ線グラフの全体の見栄えを調整する方法を解説しました。今度は線自体を色々変更して、見やすいグラフにしてみましょう。まずは前回のおさらいです。%matplotlib note...

plt.scatter()の中に、color=”色”で変更でき、色の指定の方法は、色の名前、色の名前の略、カラーコードで指定できます。

%matplotlib notebook

from matplotlib import pyplot as plt
import numpy as np

y1_value = [1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 1028]
x1_value = range(1, len(y_value)+1)

y2_value = [100, 200, 300, 400, 500, 600, 700, 800, 900, 1000]
x2_value = range(1, len(y2_value)+1)

fig=plt.figure(figsize=(10,6))

plt.bar(np.array(x1_value)-0.15, y1_value, color="red", width=0.3, label="test1")
plt.bar(np.array(x2_value)+0.15, y2_value, color="blue", width=0.3, label="test2")

plt.title("Test Graph", {"fontsize": 20})
plt.xlabel("Numbers", {"fontsize": 20})
plt.ylabel("Value", {"fontsize": 20})
plt.tick_params(labelsize=20)
plt.legend(prop={"size": 20}, loc="best")
plt.grid()

plt.show()

実行結果
スポンサーリンク

点の大きさを変更する

点の大きさを変更するには、plt.scatter()にs=”大きさ”で変更できます。

%matplotlib notebook

from matplotlib import pyplot as plt

y1_value = [1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 1028]
x1_value = range(1, len(y_value)+1)

y2_value = [100, 200, 300, 400, 500, 600, 700, 800, 900, 1000]
x2_value = range(1, len(y2_value)+1)

fig=plt.figure(figsize=(10,6))

plt.scatter(x1_value, y1_value, color="red", s=100, label="test1")
plt.scatter(x2_value, y2_value, color="blue", s=100,  label="test2")

plt.title("Test Graph", {"fontsize": 20})
plt.xlabel("Numbers", {"fontsize": 20})
plt.ylabel("Value", {"fontsize": 20})
plt.tick_params(labelsize=20)
plt.legend(prop={"size": 20}, loc="best")
plt.grid()

plt.show()

実行結果
スポンサーリンク

点の形を変更する

点の形を変更するには、plt.scatter()の中に、marker=”点の形”で指定します。

指定できる点の形に関しては、たくさんあり、流石に全部は紹介できないので、公式サイトのリンクを貼っておきます。

matplotlib.markers — Matplotlib 3.3.1 documentation
%matplotlib notebook

from matplotlib import pyplot as plt

y1_value = [1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 1028]
x1_value = range(1, len(y_value)+1)

y2_value = [100, 200, 300, 400, 500, 600, 700, 800, 900, 1000]
x2_value = range(1, len(y2_value)+1)

fig=plt.figure(figsize=(10,6))

plt.scatter(x1_value, y1_value, color="red", s=100, marker="^", label="test1")
plt.scatter(x2_value, y2_value, color="blue", s=100, marker="X", label="test2")

plt.title("Test Graph", {"fontsize": 20})
plt.xlabel("Numbers", {"fontsize": 20})
plt.ylabel("Value", {"fontsize": 20})
plt.tick_params(labelsize=20)
plt.legend(prop={"size": 20}, loc="best")
plt.grid()

plt.show()

実行結果

散布図に関しては、こんな感じでしょうか。

次回はエラーバーに関して、解説します。

Pythonでグラフ表示 matplotlib 〜エラーバー編〜
データの準備これまでmatplotlibに関して、折れ線グラフ、棒グラフ、散布図を解説してきました。今回はこれらのグラフにエラーバーを表示してみます。ただこれまで使ってきたデータはちょっとデ...

ということで今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました