3D Printer

いろいろ検討して分かったフレキシブルフィラメントを使う際の注意点 〜フレキシブルフィラメントを使うのに適切な構造とは?〜

フレキシブルフィラメントをまとめてみる これまでフレキシブルフィラメントを使って、印刷温度、ビルドプレート温度、そしてオーバーハング角度を検討してきました。 今回はこれらの検討により分かったことをまとめ...
3D Printer

フレキシブルフィラメントの糸引き対策を考えてみる 〜フィラメントの引き戻し距離 その2〜

引き戻し距離の検討用データ 前回、糸引き対策にフィラメントの「引き戻し距離」が有効かもしれないというお話をしました。 今回はその引き戻し距離が効果があるのか?効果があるならどれくらいがいいのか?を検討していきます。 ...
3D Printer

フレキシブルフィラメントの糸引き対策を考えてみる 〜フィラメントの引き戻し距離 その1〜

フレキシブルフィラメントで糸引き発生 前にTIANSE フレキシブルフィラメントの印刷温度を検討した際、激しく糸引きをしてしまいました。 今回はこの糸引きを何とかできないかと検討していきます。 糸引きの原...
スポンサーリンク
3D Printer

3Dプリンタ Ender-3の性能 〜オーバーハング角度 フィラメントで変わるのか?編〜

オーバーハング角度はフィラメントの影響受けるのか? これまでオーバーハングに関しては、2回検討してきました。 構造を変えてプリントしたのですが、どちらも最後までプリントでき、明確にここまでのオーバーハングがプリ...
3D Printer

3Dプリンタ Ender-3×フィラメントの性能 〜ビルドプレート温度 TIANSE フレキシブルフィラメント編〜

TIANSE フレキシブルフィラメントのビルドプレート温度 前回、TIANSE フレキシブルフィラメントを使って、印刷温度の検討を行いました。 温度といってもう1つ気になるのが、ビルドプレートの温度。 ということ...
3D Printer

3Dプリンタ Ender-3×フィラメントの性能 〜印刷温度 TIANSE フレキシブルフィラメント編 詳細解析編〜

上部平面の質 前回から引き続き、TIANSE フレキシブルフィラメントを使って、印刷温度の検討を行っていきましょう。 ただ今回はさらに詳細に解析するため、新兵器を投入します。 それはハンディ顕微鏡! ...
3D Printer

3Dプリンタ Ender-3×フィラメントの性能 〜印刷温度 TIANSE フレキシブルフィラメント編 全体感編〜

TIANSE フレキシブルフィラメント 最近、フレキシブルフィラメントを使って遊んでいる のり です。 色々プリントしていますが、まだまだ性能を掴めていないし、最適なプリント条件を検討していません。 そこで今回か...
Device

Wifi接続とUSB接続の両方で使える安くて、簡単なハンディ顕微鏡 〜Mac設定編と残念な点、良かった点〜

Photo Boothで撮影 前回、ハンディ顕微鏡をiPhoneで使えるよう設定をしました。 今回はMacで撮影する方法を解説していきます。 Macで撮影する場合は、特別なソフトウェアは必要ありません。 M...
Device

Wifi接続とUSB接続の両方で使える安くて、簡単なハンディ顕微鏡 〜iPhone設定編〜

Max-seeのインストールとWifi接続 前回、Wifi、USB接続で観察できるハンディ顕微鏡を購入し、開封の儀を行いました。 今回は設定をして、ちょっと遊んでみましょう。 まずはiPhoneで観察できるように...
Device

Wifi接続とUSB接続の両方で使える安くて、簡単なハンディ顕微鏡 〜開封の儀〜

顕微鏡を買いたくなった理由 3PySciを初めて数ヶ月経ちました。 結構、3Dプリンタ関連の記事も多くなってきたのですが、実は大きな課題を抱えています。 それは私の写真の腕。 写真は大体iPhone XSで撮影して...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました