3D Printer

綺麗にプリントできるサポートってどういうサポート? その3:斜めの角度を細かく検討してみる

綺麗にサポートできる角度(詳細編) 前回、綺麗にサポートできる角度を検討し、30°前後に綺麗にサポートできる境目がありそうだという結果を得ました。 前回は15°刻みで検討したのですが、せっかくなので今回はさらに細かく5...
3D Printer

綺麗にプリントできるサポートってどういうサポート? その2:斜めの角度を大まかに検討してみる

綺麗にサポートできる角度 前回、平面に対するサポートと斜めの構造に対するサポートのサポート接触面の綺麗さを検討しました。 今回は色々な角度に対してサポートを使ってみて、造形の質に差が出るのか試してみたいと思います。 ...
3D Printer

綺麗にプリントできるサポートってどういうサポート? その1:平面と斜めでは綺麗さに差は出るのか?

サポート面をとにかく綺麗にプリントしたい 前にUltimaker CuraとSlic3rのサポートを比較した際、サポート面の綺麗さに驚いたなんてレビューをしました。 そのおかげでサポートを使ってもいいんだという精神的余...
スポンサーリンク
3D Printer

FreeCADで回転体をデザインしてみる 〜回転体を削り取る:溝の作成〜

回転体を削り取る:溝の作成 前回、回転体を押し出す方法を解説しました。 今回は逆に回転体を削り取る方法を解説していきます。 ボタンは前回お見せした通り、こちら。 ということで試してみましょう。 ...
3D Printer

FreeCADで回転体をデザインしてみる 〜回転体を作製:回転押し出し〜

回転体を作ったり削ったり ひさびさのFreeCADの話題です。 今回は回転体をデザインする方法を解説していきたいと思います。 まずはボタンの場所の確認からいきましょう。 FreeCADを起動し、新規作成、ワークベン...
3D Printer

Ultimaker Curaの実験機能を使ってみる その5:オーバーハング印刷可能

オーバーハング印刷可能 前回、Ultimaker Curaの実験機能の円錐サポートを試してみました。 今回は「オーバーハング印刷可能」という機能を使ってみます。 どんな機能なのかちょっと予想つかないかもしれません...
3D Printer

3Dデザインデータベースサイト Thingiverseに自分のデータを登録してみる その3

グループに入ってみる 前回、データの登録ページを眺めてみました。 そこでデータを登録するには、 グループへの参加3D CADデータ写真データ概要などの情報 が必要だということが分かりました。 今回はこ...
3D Printer

3Dデザインデータベースサイト Thingiverseに自分のデータを登録してみる その2

Thingiverseのデータ登録画面 前にThingiverseにデータを登録するため、Thingiverseのアカウントを取得し、プロフィールを登録しました。 今回は3Dデータ登録画面を確認してみましょう。 ...
3D Printer

3Dデザインデータベースサイト Thingiverseに自分のデータを登録してみる その1

Thingiverseとは? 3Dプリンタを楽しむ上で、絶対的に必要なのが、3D CADデータ。 3PySciではそんな3D CADデータを自分で作成できるようFreeCADの使い方の記事も色々と載せています。 ...
3D Printer

Ender-3のノズルのサイドファンを交換してみる 〜さらなる静音化を目指して〜

ノズルのサイドファンを静音化 前にEnder-3のノズルの正面ファンを交換し、かなりの静音化に成功しました。 その後、何度がプリントしていると気になってきたのが、ノズルのサイドのファン。 実際にノズル先端...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました