Cura

3D Printer

水耕栽培器Green Farm Cubeの水やり用ウォータースタンドのデザインを改善してみる 〜組み立て型への変更 その2〜

フレームをデザイン 前回、Green Farm用の改良型ウォータースタンドのデザインを途中まで行いました。 今回はさらにフレームとネジをデザインしていきます。 いつも通りFreeCADを起動し、新規作成、XY平面...
3D Printer

2つの無料スライサーソフト Slic3rとUltimaker Curaのサポートを比較してみる 〜その2:結果編〜

Slic3rとUltimaker Curaのサポート比較 前回、Slic3rとUltimaker Curaのサポート性能の比較をするための準備をしました。 スライス結果を比較したところ、気になったところが2点。 ...
3D Printer

2つの無料スライサーソフト Slic3rとUltimaker Curaのサポートを比較してみる 〜その1:準備編〜

造形の質に大きく影響するサポート 前にUltimaker Curaのサポートを検討した際、やはりサポートを使うと、サポートを剥がした面が汚くなってしまうと言うことを解説しました。 ただこのサポート。スライサーによって形...
スポンサーリンク
3D Printer

Ultimaker Cura 4.4.0へのアップデート (2019年11月22日実行)〜4.3.0はどうしたのか?〜

全然気づかなかったCuraのアップデート 前回、2019年8月にきたUltimaker Curaのアップデート。 次のアップデートはいつになるのか、あまり気にせずに過ごしていました。 そしてなんとなくUltima...
3D Printer

3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rで実際にプリントしてみた 〜Ultimaker Curaとの比較〜

プリントしてみる 前回、Slic3rを使って、簡単なデータをスライシングしてみました。 今回は実際にプリントしてみましょう。 前回までにG-codeファイルの作成は終わっているので、SDカード経由でプリントしてみ...
3D Printer

3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rの設定 〜プリンタ設定〜

Slic3rのプリンタ設定 前回、3Dプリンタの無料スライスソフト Slic3rをダウンロード&インストールしました。 今回はSlic3rのプリンター設定をしていきましょう。 とりあえずSlic3rを起動...
3D Printer

フレキシブルフィラメントの糸引き対策を考えてみる 〜フィラメントの引き戻し距離 その2〜

引き戻し距離の検討用データ 前回、糸引き対策にフィラメントの「引き戻し距離」が有効かもしれないというお話をしました。 今回はその引き戻し距離が効果があるのか?効果があるならどれくらいがいいのか?を検討していきます。 ...
3D Printer

フレキシブルフィラメントの糸引き対策を考えてみる 〜フィラメントの引き戻し距離 その1〜

フレキシブルフィラメントで糸引き発生 前にTIANSE フレキシブルフィラメントの印刷温度を検討した際、激しく糸引きをしてしまいました。 今回はこの糸引きを何とかできないかと検討していきます。 糸引きの原...
3D Printer

3Dプリンタ Ender-3の性能 〜オーバーハング角度 フィラメントで変わるのか?編〜

オーバーハング角度はフィラメントの影響受けるのか? これまでオーバーハングに関しては、2回検討してきました。 構造を変えてプリントしたのですが、どちらも最後までプリントでき、明確にここまでのオーバーハングがプリ...
3D Printer

3Dプリンタ Ender-3×フィラメントの性能 〜ビルドプレート温度 TIANSE フレキシブルフィラメント編〜

TIANSE フレキシブルフィラメントのビルドプレート温度 前回、TIANSE フレキシブルフィラメントを使って、印刷温度の検討を行いました。 温度といってもう1つ気になるのが、ビルドプレートの温度。 ということ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました