Column

新年明けましておめでとうございます! 〜2019年の振り返りと2020年の抱負〜

今年は子年! みなさん、明けましておめでとうございます! 2020年が始まりました。 今年は子年ということで、ネズミをプリントしてみました。 とまぁ新年から遊んでばかりでなく、昨年の振り返りをして、...
3D Printer

Ultimaker Cura 4.4.1へのアップデート (2019年12月28日実行)

Ultimaker Cura 4.4.1 2019年12月28日、何気なくUltimaker Curaを起動したら、アップデートのお知らせが来ていました。 今回はどんなアップデートなのでしょうか。 とりあえずやっ...
3D Printer

Ender-3のアップグレード 〜モーターダンパーを追加したい その3: Xモーターに装着編〜

Xモーターの取り外し 前回、Yモーターにダンパーを装着しました。 Yモーターに装着した際、なかなか良好な騒音低減性能を示してくれたので、今回もなかなか期待できます。 それでは始めていきましょう。 今回外すX...
スポンサーリンク
3D Printer

Ender-3のアップグレード 〜モーターダンパーを追加したい その2: Yモーターに装着編〜

ダンパーが届きました! 前回、Ender-3にダンパーを装着し静音化するための準備を行いました。 今回はまずはXY移動のモーターに装着し、その効果を見ていきましょう。 ということで、購入したダンパーがこちら。 ...
3D Printer

Ender-3のアップグレード 〜モーターダンパーを追加したい その1:準備編〜

モーターダンパーで静音化できるのか? 今回はEnder-3にアップグレードの話。 3Dプリンタを使っていると気になるのが音。 モーターがX、Y、Z、エクストルーダの4つ付いており、さらにファンが電源、マザーボードケース、...
3D Printer

赤外線温度計 OHM TN006を購入したのでレビュー 〜3Dプリンタのビルドプレートの温度分布を見てみたい その3〜

マーキングする ビルドプレートの温度分布を確認する第3弾。 前回までに位置マーカーの配置、温度設定の仕方を学習しました。 位置マーカーはプリントしているところで止まっていますね。 プリントが終わるとこんな感...
3D Printer

赤外線温度計 OHM TN006を購入したのでレビュー 〜3Dプリンタのビルドプレートの温度分布を見てみたい その2〜

ビルドプレートの温度分布を測定するための準備 前回、OHM 赤外線温度計 TN006の開封の儀を行いました。 今回は実際にビルドプレートの温度分布を測定していきたいと思います。 まずは準備していきましょう。 ...
Device

赤外線温度計 OHM TN006を購入したので開封の儀 〜3Dプリンタのビルドプレートの温度分布を見てみたい その1〜

赤外線温度計とは? 皆さんは温度計というとどんなものを思い浮かべるでしょうか? 昔、理科の実験で使ったこんな温度計を思い浮かべる方もいることでしょう。 最近の子供たちはもしかしたらデジタルの温度計しか知らないなん...
3D Printer

3Dプリンタ Ender-3のファームウェアアップデート 〜オートレベリング機能を追加する布石〜

オートレベリング機能とは? 3Dプリンタで一番困るのが、ノズルとビルドプレートの距離。 近すぎれば出てきたフィラメントが押しつぶされ、波打ったようになってしまいます。 逆に遠過ぎれば、空中にプリントしてしてしまい、造形が...
3D Printer

3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rのサポート形状全部試してみた 〜結果編〜

実際にプリントしてみた 前回、Slic3rのサポートのパターンを検討するため、データの準備を行いました。 今回は実際にプリントして、何が違うのか確認していきましょう。 ということでプリントしてみました。 左...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました