Wifi接続とUSB接続の両方で使える安くて、簡単なハンディ顕微鏡 〜開封の儀〜

Device
スポンサーリンク

顕微鏡を買いたくなった理由

3PySciを初めて数ヶ月経ちました。

結構、3Dプリンタ関連の記事も多くなってきたのですが、実は大きな課題を抱えています。

それは私の写真の腕。

写真は大体iPhone XSで撮影しているのですが、アップの写真が上手く撮れない。

3Dプリンタの記事で、みなさんが一番興味があるだろうプリントの質なんかの話をする時に写真が下手だと分かりにくい。

下手だったら、何か他のものでカバーしなければいけません。

ですが、さすがに一眼レフカメラなんて買っても使いこなせる自信は皆無。

お金を掛けずに、手間もかけずに、ということで探し求めたのが、ハンディの顕微鏡。

楽天市場やらAmazonで探し求めた結果、結局この顕微鏡にしました。

このハンディ顕微鏡は、Wifiで接続することも、USBで接続することもでき、小型なので置き場所も困ることはないということで、こちらの商品を選択しました。

スポンサーリンク

開封の儀

ということで、注文して数日。

ブツが届いたので、早速開封の儀をしてみましょう。

よく分からないバーコードを剥がすの忘れたので、修正していますが、とりあえず外観はこんな感じ。

全体的に英語で書かれていて、簡単にスペックとかも書かれていますね。

スペックに関しては、後ほどまとめて紹介しますので、ここでは省略します。

箱を開けて、中身を取り出していきましょう。

左からUSBケーブル、顕微鏡本体、2種類の顕微鏡スタンド、説明書とクイックガイドです。

顕微鏡本体の表側はこんな感じです。

左側からレンズ、LEDになっていて、銀色の溝がある部分がピント調節、電源ボタン、LED強度の調節ダイヤルとなっています。

裏側はこんな感じ。

右側にマイナスボタンとプラスボタンがあります。

これがそれぞれ縮小ボタン、拡大ボタンとのことです。

USBケーブルをレンズと逆側になります。

ちなみに充電時やWifiの接続時はここにわずかに青色や赤色のLEDが点灯、点滅したりするので、たまに確認してみてください。

結構インジケータのLEDは見づらいかもしれません。

先ほど紹介した通り、スタンドは2種類あり、スタンドに立てるとこんな感じか、

もしくはこんな感じになります。

保管場所や使い方によってスタンドは使い分けするのがいいでしょう。

大体全体としては、こんなかんじです。

スポンサーリンク

説明書に関して

そうそうみなさんが気になる点として、説明書の言語は何なのか?ですよね。

説明書の言語は「英語」…

そして「日本語」で書かれています。

こういう海外の製品は、結構変な日本語で書かれていることも多いのですが、思ったよりもちゃんとした日本語で書かれています。

また写真も使い、説明されているので、結構分かりやすい方だと思います。

スポンサーリンク

カタログスペックに関して

ではカタログスペックを見ていきましょう。

センサー2,000,000 pixels (200万画素)
倍率50 – 1000倍
解像度1920x1080P/1280x720P/640x480P
観察距離手動調整(3 mm – 60 mm)
Wifi接続10メートル(障害物無し)
画像フォーマットJPG
USBポートマイクロUSB
電源USB(5V DC)
動画フォーマットMP4/AVI
ダイナミックフレーム600ルクスの明るさで15 f/秒
対応システムAndroid 4.3と以降
iOS 8.0
Windows Vista/7/8/10
MacOS X 10.8と以降

画素数や解像度に関しては、十分なほどあると思います。

倍率が1000倍まで行けると書いてあるのですが、結構高価な顕微鏡でも1000倍までしっかり観察するのは大変なので、ちょっとここは疑問点です。

対応システムがAndroidでもiOSでも、そしてWindowsでもMacOSでも使えるのは、個人的にはポイントが高かったです。

やっぱりMac使いで困るのは、WindowsやAndroidだけしか対応してないことなので。

画像や動画のフォーマットはちゃんと撮れればこだわりはありません。

ということで開封の儀はここまで。

次回はアプリのインストールや設定をして、実際に使ってみましょう。

ということで今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました