Ultimaker Cura 4.4.1へのアップデート (2019年12月28日実行)

スポンサーリンク

Ultimaker Cura 4.4.1

2019年12月28日、何気なくUltimaker Curaを起動したら、アップデートのお知らせが来ていました。

今回はどんなアップデートなのでしょうか。

とりあえずやってみましょう。

スポンサーリンク

Ultimaker Cura4.4.1のダウンロード

起動して出てきたアップデートのお知らせウインドウの「ダウンロード」をクリックします。

するとブラウザが起動し、Ultimaker Curaのウェブサイトが開くので、「Download for free」をクリックします。

OSの選択画面になるので、ご自分のパソコンのOSをクリックして、「Download Now」をクリックします。

私はMacOSなので、真ん中のボタンを選択しました。

するとダウンロードが始まりますので、完了するまで暫し待ちます。

スポンサーリンク

アップデート方法(MacOS)

ダウンロードが完了すると「Ultimaker_Cura-4.4.1-Darwin.dmg」というファイルがダウンロードフォルダに追加されています。

ということで「Ultimaker_Cura-4.4.1-Darwin.dmg」をクリックします。

出てきたウインドウの「Ultimaker Cura.app」を「Applications」にドラッグ&ドロップします。

前のバージョンのUltimaker Curaが残っているので、上書き確認のウインドウが現れます。

置き換えてしまって問題ないので「置き換える」をクリックします。

上書きが終わったたら、「Launchpad」から「Ultimaker Cura」を探し、クリックします。

セキュリティ確認のウインドウが開くので、とりあえず「OK」をクリックして閉じます。

メニューバーのアップルマークから「システム環境設定…」をクリック。

システム環境設定ウインドウの「セキュリティとプライバシー」をクリック。

「一般タブ」の下の方に「”Ultimaker Cura.app”は開発元を確認できないため、使用がブロックされました」とあるので、右にある「このまま開く」ボタンをクリック。

すると再度セキュリティウインドウが開きますが、今度は「開く」ボタンがあるので、「開く」ボタンをクリックします。

これでUltimaker Curaが起動します。

アップデート後、初めて起動する際には変更点が表示されます。

今回はどうやらバグフィックスのみのようです。

多分、バージョン名のX.Y.Z(今回の場合は4.4.1)のうち、Zの数字が変わるのはバグフィックスなど小さな点のアップデートなのでしょう。

となるとYの数字が変わるのが新機能追加などちょっと大きめなアップデート、そしてXの数字が変わるのが大幅な変更があるアップデートだと推測されます。

とりあえず今後もアップデートはフォローしていきますが、何らかの新機能の追加なんかがあった時に3PySciで紹介していきたいと思います。

バグフィックスくらいならスルーする可能性もありますので、ご了承くださいませ。

次回はEnder-3のアップグレードに戻り、エクストルーダーモーターにダンパーをつけていきます。

Ender-3のアップグレード 〜モーターダンパーを追加したい その4: エクストルーダーモーターに装着編〜
問題発生!前回までに、XYモーターにバンパーを装着し、かなり静かになることが判明しました。そこで次はZモーターだ!と思っていた矢先、問題が発生しました。全然、フィラメントが出てこなくなり、プリントできなくな...

ということで今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました