Apple Watch Series 6 + ソロループを購入したので開封の儀

目次

Apple Watch

前にスマートウォッチを購入して、その使い勝手の良さから結構気に入った私。

しかしApple製品好きとしては、どうせスマートウォッチを持つのなら、やっぱりApple Watchを持ちたくなるわけです。

なかなかいいお値段するものなので、二の足を踏んでいたのですが、スマートウォッチ生活をさらに良いものとするため、2020年発売のApple Watch Series 6 + ソロループを購入しました!

(ソロループはApple店でのみ取り扱っているようなので、近いモデルのリンクになっています)

ということで今回は開封の儀を行っていきたいと思います。

開封の儀

届いた箱がこちら。

送り状をちょっと汚く破ってしまって醜いのですが、箱自体はいい段ボールを使っているのか、かなり綺麗な形で届きました。

段ボールを開けてみるとこんな感じ。

クッション材が入っているわけではなく、段ボールをうまく折り畳むことでクッション性を出しています。

ここら辺のきめ細かな芸当がAppleらしいですよね。

中から出てきたのは真っ白な箱。

真ん中にアップルマークとWATCHと書かれていて、Apple Watchが入っていることが主張されています。

後ろには色々な情報が書き込まれています。

ここら辺は製品として表記が必要なものなので、記載されていても仕方ないですよね。

どうやって箱を開けるのかなと思ったら、裏側の輪っかのところが引っかかっているので、うまく取り外します。

箱の裏側には様々なApple Watchが描かれていて、ワクワク感が演出されています。

箱に入っていたのは二つの箱。

上がApple Watch本体で下がソロループ。

まずはソロループの箱から開けてみましょう。

真ん中に一本ソロループが鎮座しております。

そして上下にはバンドのはめ方が記載されているようです。

次に本体の箱を開けてみます。

左の方にApple Watch本体が、右には何やら細長い紙が入っています。

細長い紙はApple Watchの基本的な使い方のようです。

その下には充電器が入っていました。

全て取り出してみるとこんな感じです。

本体を拡大してみるとこんな感じ。

新品なのでピカピカです。

そして時計をこの状態で見ることはそうそうないので、なかなか不思議な感覚です。

裏側はこんな感じ。

ここに生体センサが色々入っているのでしょう。

特にApple Watch Series 6の目玉は血中酸素が測れるということ。

そのセンサもここに埋め込まれています。

ソロループをはめていきましょう。

ソロループに限らず、Apple Watchのバンドは本体の上下にある溝にバンドを滑らせていくだけという簡単仕様です。

普通の時計のように特殊な工具が必要でないという点は、バンドを気軽に付け替えて楽しむのにいいですよね。

組み上がったApple Watchがこちら。

ソロループだと弾力があるバンドなので、バンドを下にしたこの置き方は結構不安定です。

充電器はこんな感じで使います。

マグネットが入っているので、近くまで持っていくと定位置まで勝手に行ってくれて固定されます。

今回は開封の儀ということでApple Watch本体に関してはここまで。

ついでに最初に揃えておくといいパーツやデバイスを紹介しておきましょう。

他に購入したパーツやデバイス

まず個人的に絶対に必要だったのがケース。

これまでにも時計を壁とかで擦ってしまって、表面が傷ついてがっくりきたことが何度かあります、

流石にこのApple Watchをそんな状態にはしたくないので、こちらのケースを購入しました。

Apple製品はそれ自体で美しく作られているので、ケースをつけるとちょっと野暮ったくなってしまいますが、傷つけないためにもそれは仕方ありません。

こちらのケースだとApple Watch全体を保護できるため、かなりApple Watchへのダメージは軽減できると思います。

ケースをつけているので、多少ディスプレイの反応は悪くなってしまいますが、普段使いで気になるレベルではありません。

一つ気になるのは、このケースはあくまでも上に被せて使うだけなので、水を使うとディスプレイとケースの間に水が入っていってしまうこともありました。

それで誤作動したということはないのですが、水を使うときには少し注意をしたほうがいいかもしれません。

次に購入したのはワイヤレス充電器。

先ほども少しお話しした通り、ソロループは置きにくいバンドでした。

つまり充電するときにも置き方をちょっと注意しないとすぐに転がってしまいます。

そこで掛けて充電できる、さらにはiPhoneも充電できるこちらのワイヤレス充電器を購入しました。

こちらのワイヤレス充電器では、さらにAirpodも同時に充電することができます。

正直言ってワイヤレス充電器は買って大正解なアイテムでした。

これまではなんだかんだ言って有線で充電するほうがいいだろうと思っていたのですが、一度置くだけで充電できるという便利さを体験してしまうと、これから抜け出せなくなります。

ものすごく手軽なので、まだ有線で充電している人がいたら一度試してみてくださいと声を大にしていいたいくらいです。

最後に…悲しいお知らせですが、違うバンドも購入しました。

購入したのはこちらのマグネットで留められるバンド。

ソロループが私に合わなかった点として、まずつけづらい。

ソロループを広げて、手を通していくのですが、意外と広がらないため、指輪なんかしていると指輪がApple Watchの背面と当たってしまうわけです。

下手するとセンサを傷つけてしまうのではないかと思ったのが一つ。

次にソロループはシリコンのバンドなわけで、通気性は全くありません。

となると腕が汗で蒸れて気持ち悪くなってしまうわけです。

そして先ほどの置きにくさ。

今回のApple Watchの目玉だからと思って購入したのですが、残念ながら私には全く合いませんでした。

そこで購入したのが先ほどのマグネットで留められるバンド。

付けやすくて、通気性は抜群で蒸れたことはありません。

一点マイナスポイントをつけるとしたら、マグネットが強すぎて、金属の机の上でタイピングしていたら時々くっついてしまうという点でしょうか。

とは言ってもバンドが服の袖で隠れていれば起きないレベルではあります。

まぁバンドが簡単に変えられるのが、Apple Watchのいいところなので、またいいバンドがあったら交換していくということにしましょう。

私がApple Watchのために購入したものはこんな感じです。

次回は初期設定をしていきましょう。

ということで今回はこんな感じで。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる