Ultimaker Curaの設定 〜ビルドプレート密着性:スカート、ブリム、ラフトとは?〜

3D Printer
スポンサーリンク

ビルドプレート密着性

前に3Dプリンタで少し説明した造形物とビルドプレートの密着性の話。

3Dプリンタのトラブルシューティング 〜より綺麗な造形を目指して〜
3Dプリンタでトラブルを抱えていませんか?みなさんの3Dプリンタは元気に活動しているでしょうか?特に初心者の方にとっては、プリント自体に失敗してしまったり、綺麗にプリントできないなんて問題を抱えている人もいるかもしれません...

今回はここに焦点を当てて、解説していきたいと思います。

綺麗な造形を行うには、プリントしているものが安定してビルドプレート上にあることが重要です。

造形物とビルドプレートとの接触面が広く、しっかりと接着している場合にはいいのですが、接触面が狭く、接着が弱い場合はどうしたらいいのでしょうか?

もちろん造形物のサイズを変更できる場合は、サイズを大きくして、接触面を増やすというのが一つの解決策になることでしょう。

しかし、サイズを変更できない場合、他の手法をもって解決する必要があります。

解決策として、スライサーソフトのUltimaker Curaでは「ビルドプレート密着性」という項目があります。

「スカート」となっているところをクリックすると、プルダウンメニューが開き、「スカート」、「ブリム」、「ラフト」、「なし」が現れます。

今回はそれぞれどういう造形になるか試してみましょう。

スポンサーリンク

データの準備

まずはFreeCADを使って、データの準備をしていきます。

いつも通りFreeCADを起動し、新規作成、XY平面にスケッチを作成します。

適当に円を描き、

半径を1.5 mmに拘束し、

円の中心を原点に拘束します。

これでスケッチを抜け、パッドで押し出していきます。

今回はできればビルドプレートの密着性が「なし」の条件で剥がれて欲しいので、50 mmとしておきましょう。

横から見るとこんな感じの構造になります。

これでデータを保存、stlファイルへのエクスポートしておきましょう。

Ultimaker Curaの基本設定ですが、カスタム設定でプロファイル「Normal 0.15 mm」とします。

スポンサーリンク

ビルドプレート密着性:なし

最初の条件はビルドプレート密着性「なし」です。

プリントして見たところ、予想通り途中で外れて、プリントに失敗しました。

スポンサーリンク

ビルドプレート密着性:スカート

次はビルドプレート密着性「スカート」です。

スカートも造形物とビルドプレートとの接触面は増えないので、プリントの途中で剥がれ、失敗しました。

スポンサーリンク

ビルドプレート密着性:ブリム

次はビルドプレート密着性「ブリム」です。

ブリムの場合は、造形物の最初の層を広げてプリントしてくれるので、ビルドプレートとの接触面は大きくなります。

そのおかげで最後まで綺麗にプリントできました。

スポンサーリンク

ビルドプレート密着性:ラフト

最後はビルドプレート密着性「ラフト」です。

ラフトの場合は、まず土台をプリントし、その上に造形していきます。

こちらの場合もビルドプレートとの接触面は大きくなるので、最後まで綺麗に造形できました。

スポンサーリンク

総評

今回、ビルドプレートとの密着性が向上しない「なし」と「スカート」では造形に失敗しました。

その反面、ビルドプレートとの密着性が向上する「ブリム」と「ラフト」では造形に成功しました。

結果的には予想どうりで、細い構造をビルドプレート上に作りたい時は、「ブリム」か「ラフト」を使うのが良いという結果になります。

では「ブリム」と「ラフト」ではどちらを使うのが良いでしょうか?

写真を見ると両方とも土台となる面があるように見えます。

下の写真では左が「ラフト」、右が「ブリム」です。

ラフトはあくまでも土台なので、造形物がラフトから剥がれやすいよう、網状になっています。

対してブリムではあくまでも補助構造として、最初の数層を広めにプリントしています。

「ブリム」と「ラフト」の違いを図で示すとこんな感じです。

どちらが良いかはこの後の処理にも関わって来るのですが、私はクラフトナイフで切り取るので、細い構造をプリントする場合は、「ブリム」を用いています。

ここら辺はケースバイケースなので、時間やコストが許す限り、どちらも試してみて、良い方を使うというのがいい戦略だと思います。

今回はとりあえずこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました