Ender-3のエクストルーダーのギアが空回りするようになったので、交換ついでにアップグレードしてみた その1

スポンサーリンク

エクストルーダーのギア(ドライブギア)は消耗品

Ender-3を使って早1年くらい経ち、少しずつ痛みが出てくる部品も出てきました。

1つはフィラメントを出すノズル。

こちらは記事にはしていませんが、下の写真のように何となく黒い部分が多くなり傷んできた感じがしていました。

そこでEnder-3を購入した際についていたもう1つのノズルに交換しました。

そしてついでに次の交換用にこちらのノズルを購入しておきました。

もう1つはエクストルーダーのギア(ドライブギア)。

ギアは金属製で、フィラメントはプラスチック。

かなり硬さの違いはあるにしても、ギアはずっとフィラメントに噛んで押し出しているので、流石に少しずつギアの歯が丸まってしまい、少し滑るようになりました。

こちらの動画で注意深く音を聞いていると時々、ジジジジジという音が聞こえると思います。

昔はこんな音は聞こえなかったですし、今ギアをよく見てみるとフィラメントの削りカスが見えます。

このことからギアの歯が丸まって、滑ってしまい、ジジジジジという音を出すとともに、フィラメントを削ってしまっていると考えました。

ということでエクストルーダーギアの交換をしようと思い立ったわけです。

スポンサーリンク

購入したもの

ただ変えるだけじゃ面白くないので、こちらのアップグレードパーツを購入しました。

またついでに交換用のエスクトルーダーギアも購入しました。

ということで今回は開封の儀をしていきます。

スポンサーリンク

開封の儀〜エクストルーダーアップグレードパーツ編〜

まずはエクストルーダーアップグレードパーツから開封の儀をしていきましょう。

アップグレードパーツが包まれていたのは15cm四方くらいのプチプチ付きの封筒でした。

(下の写真では開けてしまっています。ご勘弁を。)

プチプチ包みの中には、謎のQRコードとパーツが入っていました。

さらにパーツが入った袋を開けてみると、メタルのプレートとノブ、さらに小さな部品類が入っています。

中国製のこういった商品はこのように雑多に入っていることが多いのですが、最近はこれくらいの包装で十分だなぁと感じています。

ちなみにQRコードはこちらの交換方法を解説する動画のリンクでした。

Upgraded Replacement MK8 Extruder Aluminum Drive Feed for CR-10/10S 400 500
スポンサーリンク

開封の儀〜エクストルーダーギア編〜

次にエクストルーダーのギアの開封の儀です。

こちらはビニールのプチプチ付き袋で入っていました。

その中に2つのドライブギアが小袋に入れてありました。

特に大きな感動もなく、はい終了。

となりそうですが、ここで少し気づいたことがありました。

左がアップグレードパーツに含まれていたドライブギア、右が単品で購入したドライブギア。

気づきましたでしょうか?

そう、ギアの歯数が違うんです。

ちなみにEnder-3に最初からついているギアは左のギアです。

このギアの歯が何か違いを生み出すのか、ちょっと興味深いところです。

ということで今回はアップグレードパーツを付けつつ、ギアは単品のものを使ってみたいと思います。

ただそれは次回ということにします。

Ender-3のエクストルーダーのギアが空回りするようになったので、交換ついでにアップグレードしてみた その2
まずはフィラメントを外そう前回、エクストルーダーの不調からアップグレードを決意し、準備を進めていきました。今回は前回購入したアップグレードパーツとドライブギアを交換をしていきます。まずはエクストルーダーを外...

ではでは今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました