3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rのインフィル形状 〜全部プリントしてみた〜

3D Printer
スポンサーリンク

Slic3rのインフィル形状

前にSlic3rのプリント設定をした際、Slic3rでは13種類のインフィル形状が準備されていると解説しました。

3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rの設定 〜プリント設定 その2: Infill〜
Infillの設定前回、Slic3rのプリント設定のうち、「Layers and perimeters」を設定しました。今回はさらにプリント設定を進めていきましょう。Slic3rを起動します。そして...

ただ名前からではどんな形状か分かりにくいものもあるので、とりあえず全部プリントしてみたが今回の内容です。

まずはどんな名前のインフィル形状があるか復習です。

RectilinearAligned RectilinearGrid
TrianglesStarsCubic
ConcentricHoneycomb3D Honeycomb
GyroidHilbert CurveArchimedean Chords
Octagram Spiral

13種類プリントするのはなかなか時間がかかりますが、頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

データとSlic3rの準備

今回用いるデータは、前にUltimaker Curaでインフィル形状を比較した時のデータを用います。

Ultimaker Curaのインフィル形状の比較 〜実際にプリントして確かめてみた その1〜
Ultimaker Curaで使用できるインフィルのリスト今回はインフィルに焦点を当てて、解説をしていきたいと思います。インフィルとは、構造の内側を埋めるために使われる構造体です。3Dプリンタでは構造の内側はフィラ...

データはこちらにアップロードしておきますので、ダウンロードはご自由に。

次にSlic3rの準備をしていきます。

インフィルをプリントしつつ、上面をプリントしないという設定にしていきます。

左のウインドウで「Layers and perimeters」を選択し、「Horizontal shells」の「Top」を「0」にします。

これで上面をプリントしないようになります。

この設定は今回限りなので、このまま左上の「Plater」のタブをクリックします。

「Plater」では、「Top solid layers」が追加されており、値は「0」となっています。

これで先ほどのInfill.stlを読み込みます。

あとは「Fill pattern」からインフィル形状を選択し、「Export G-code…」 でG-codeファイルを作成していきます。

スポンサーリンク

スライシング結果

それぞれスライシングの結果を見ていきましょう。

Rectilinear

Aligned Rectilinear

Grid

Triangles

Stars(デフォルト)

Cubic

Concentric

Honeycomb

3D Honeycomb

Gyroid

Hilbert Curve

Archimedean Chords

Octagram Spiral

フィラメント量としては、Archimedean ChordsやOctagram Spiralが少なく、3D HoneycombやGyroidが多いという結果になりました。

ちなみにSlic3rを終了する時、設定値に関して保存するか聞かれますが、上面をプリントしない設定は今回限りの変更なので、「Discard」でその設定を破棄します。

スポンサーリンク

実際にプリントしてみた。

実際にプリントした結果がこちらです。

  1. Rectilinear
  2. Aligned Rectilinear
  3. Grid
  4. Triangles
  5. Stars
  6. Cubic
  7. Concentric
  8. Honeycomb
  9. 3D Honeycomb
  10. Gyroid
  11. Hilbert Curve
  12. Archimedean Chords
  13. Octagram Spiral

Ultimaker Curaでもインフィル形状は13種類あったのですが、結構似通った形が多かったです。

Ultimaker Curaのインフィル形状の比較 〜実際にプリントして確かめてみた その2〜
実際にプリントしてみた前回、インフィル形状を確認するためのデータの作成、そしてスライシングまで行いました。そして今回、実際にプリントした結果がこちらです。グリッドライントライアングルトライヘキサゴン...

Slic3rでは13種類とも違っており、なかなか面白いです。

今回は1つずつは紹介しませんが、一番気になったインフィル形状を紹介します。

それは「3D Honeycomb」です。

縦と横の線が何層かおきに交互にプリントされているため、縦、横、高さ方面全てに穴が空いている構造になっています。

こうなるとそれぞれがクッションになり、同じインフィル密度だとしても、強度は上がるのではないでしょうか。

ちなみにCuraのインフィル形状で近かったのが、「Gyroid」です。

強度や造形の綺麗さが気になったら、Slic3rでは「3D Honeycomb」、Curaでは「Gyroid」を使っていくのがいいのかなと感じました。

ちなみにSlic3rの「Gyroid」はCuraの「Gyroid」とは形状が全く違いうのは結構興味深いです。

ですが、Slic3rの「Gyroid」はあまり綺麗に見えない…

個人的には多分使うことはないでしょう。

とりあえず今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました