3Dデザインデータベースサイト Thingiverseに自分のデータを登録してみる その1

スポンサーリンク

Thingiverseとは?

3Dプリンタを楽しむ上で、絶対的に必要なのが、3D CADデータ。

3PySciではそんな3D CADデータを自分で作成できるようFreeCADの使い方の記事も色々と載せています。

FreeCADで3D CADデータの作成 〜ダウンロード、インストール、そして日本語化〜
3Dプリンタデータ作成用ソフト FreeCADについてみなさん、3Dプリンタライフはいかがでしょうか?前回、私が保有している3Dプリンタ Ender-3 の紹介をしました。その際に、2つほど3Dプリンタ用デ...

そしてせっかく苦労して作ったデータ、どうせなら世界に発信してみたくないですか?

私も3PySciでアップロードはしていましたが、どうせならどこかの3D CADデータベースに投稿してみようという思いがふつふつと湧いてきました。

そこで今回は前回作製したサイドファン(ノズルファン)のデータをとあるデータベースに登録してみようと思います。

Ender-3のノズルのサイドファンを交換してみる 〜さらなる静音化を目指して〜
ノズルのサイドファンを静音化前にEnder-3のノズルの正面ファンを交換し、かなりの静音化に成功しました。その後、何度がプリントしていると気になってきたのが、ノズルのサイドのファン。実際にノズル先端...

投稿する先は世界でも最大級(?)の3D CADデータのデータベースサイト「Thingiverse」です。

Thingiverse - Digital Designs for Physical Objects
Download files and build them with your 3D printer, laser cutter, or CNC. Thingiverse is a universe of things.

そうです、3Dプリンタを持っている方であれば、多分一度はお世話になっているだろうサイトです。

日頃お世話になっているので、たまには恩を返しましょうというわけです。

ということでまずはアカウントの登録から行ってみましょう。

スポンサーリンク

アカウント登録

まずはThingiverseにアクセスします。

Thingiverse - Digital Designs for Physical Objects
Download files and build them with your 3D printer, laser cutter, or CNC. Thingiverse is a universe of things.

右上の「SIGN IN/JOIN」をクリック。

ログイン画面になりますが、ここで「GREATE AN ACCOUNT >」をクリック。

個人情報を入力していきます。

英語ですが、難しい箇所はないので簡単に入力できると思います。

入力が終わったら、「CONTINUE」をクリック。

すると登録したメールアドレスに確認のメールが届くので、「VERIFY YOUR EMAIL」をクリック。

しばらくするとアカウント登録完了のメールが届きますので、これで完了です。

スポンサーリンク

アカウント設定

ここからアカウントの設定をしていきます。まずはログイン。

ログイン画面に移りますので、登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「SIGN IN」をクリック。

ログインが完了すると、トップページに戻るので、自分のアカウントの状況を見る場合は「DASHBOARD」をクリックします。

自分のアカウントのダッシュボードに移動するので、「Your Profile」をクリック。

ここが個人のプロフィールページになります。

編集したいので、「EDIT PROFILE」をクリック。

スポンサーリンク

プロフィール設定

画面変わって、上から説明していきましょう。

まずは編集したデータの保存ボタンです。

このボタンは下の方に移動してもついてきてくれますので、何か変更したら忘れずに「SAVE」をクリックしておきましょう。

次は大まかなプロフィールです。

「Location」は居住地なので、Japan。

「Design skill level」はデザイン能力を聞かれていて、Novice(初級)、Intermediate(中級)、Advanced(上級)という3段階に分かれています。

私はデザインは得意ではないので、Noviceにしておきました。

「What 3D printer do you use?」は使っている3Dプリンタです。

プルダウンメニューから、会社名とモデル名を選択するようになっています。

私はEnder-3を選択。

「Who are you?」 は何者か聞かれていて、プルダウンメニューで選択する形式になっています。

こちらはEngineerを選択。

「Design Tool Used」は、使っている3Dデザインソフトのことです。

こちらもプルダウンメニューで選択するようになっているので、FreeCADを選択。

「Industry」と「Subindustry」はどういう立場かということです。

私はMaker/ConsumerとPersonal use/Consumerを選択しました。

次の「Bio」はBiographyのことで経歴を自由に書くことができる欄のようです。

右下に「Markdown Enabled」とあることからマークダウン形式で記載することも可能なのようです。

アバター、ウェブサイト、Twitterとの連携の設定です。

「COVER PHOTO&AVATAR」の下のピンクの領域をクリックするとカバー写真を変更することができます。

ピンクのところの下の丸をクリックするとアバターを設定することができます。

右側はウェブサイト、ペイパル、ツイッターの連携に関してです。

ここでは私はアバターの設定と、ウェブサイト、ツイッターの設定をしました。

次は6つまで自分が好きなデザインを選択し、自分のプロフィールを見てくれた人にシェアする機能です。

もし他の人に紹介したいデザインがあれば載せておきましょう。

とりあえずは選択せず、そのままにしておきました。

次の欄の「BROWSE SETTING」はよく分かりません。

「DEFAULT LICENSE」は自分がデータを投稿した時、Creative Commonsという著作権ルールのうち、どれのライセンスとするか、デフォルトを選択します。

ちなみにCreative Commonsに関しては、こちらのページに詳しく書かれています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは
クリエイティブ・コモンズは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組…

またWikipediaのページも細かく説明されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

私は「Creative Commons – Attribution – Share Alike」を選択しました。

こちらのライセンスでは、

原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示し、改変した場合には元の作品と同じCCライセンス(このライセンス)で公開することを主な条件に、営利目的での二次利用も許可されるCCライセンス。

https://creativecommons.jp/licenses/

ということです。

つまり改変してもいいし、営利目的で使用してもいいけど、私が作ったということは明記してねというライセンスです。

ご自分の状況に合わせて、どのレベルのライセンスにするかは決めてください。

EMAIL ME WHEN…はどんな時にメールでお知らせを送るかということです。

Someone posts a new comment on something you designed.

誰かがあなたがデザインしたものに新しくコメントした時。

Someone posts a new comment on something you made.

誰かがあなたが作ったものに新しくコメントした時。

Someone posts a new comment on a Group topic you started.

誰かがあなたが始めたグループトピックに新しいコメントをした時。

Someone creates a remixes from of one of you things.

誰かがあなたが投稿したデータの修正版を投稿した時。

Someone physically makes one of your things.

誰かがあなたが投稿したデータを作製した時。

One of your things has been featured.

あなたの投稿したデータのうち1つが作成された時(注:よく分かりません)

Someone sends you a new message

誰かがあなたにメッセージを送った時。

ということで、あまり大した設定ではないので、この設定は各自好きにしてもらって大丈夫です。

私はとりあえず全部オンのままにしておきました。

次が最後です。

「NEWSLETTER SUBSCRIPTION」はニュースレターへの登録。

「DELETE ACCOUNT」はアカウントの削除です。

とりあえずアカウント作成からプロフィールの登録まで解説してみました。

次回はデータの登録をしてみたいと思います。

3Dデザインデータベースサイト Thingiverseに自分のデータを登録してみる その2
Thingiverseのデータ登録画面前にThingiverseにデータを登録するため、Thingiverseのアカウントを取得し、プロフィールを登録しました。今回は3Dデータ登録画面を確認してみましょう。...

ということで今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました