3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rで実際にプリントしてみた 〜STLファイルの読み込みとスライシング〜

3D Printer
スポンサーリンク

Slic3rでスライスするデータ

これまでSlic3rでプリンター設定、フィラメント設定、プリント設定をしてきました。

3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rの設定 〜プリンタ設定〜
Slic3rのプリンタ設定前回、3Dプリンタの無料スライスソフト Slic3rをダウンロード&インストールしました。今回はSlic3rのプリンター設定をしていきましょう。とりあえずSlic3rを起動...
3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rの設定 〜フィラメント設定〜
Slic3rのフィラメント設定前回、Slic3rのプリント設定を行いました。今回はフィラメント設定を行なっていきましょう。Slic3rを起動します。「Filament」の行の右端にある歯車マークをク...
3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rの設定 〜プリント設定 その1: Layers and perimeters〜
プリント設定前回、Slic3rのフィラメント設定を行いました。今回はプリント設定をしていきましょう。Slic3rを起動します。「Print settings」の行の右側にある歯車マークをクリック。...

なかなか長い道のりでしたが、今回はこれでスライスしてプリントしてみましょう。

プリントするデータは、前にUltimaker Curaのインフィル形状を検討したデータを用います。

Ultimaker Curaのインフィル形状の比較 〜実際にプリントして確かめてみた その1〜
Ultimaker Curaで使用できるインフィルのリスト今回はインフィルに焦点を当てて、解説をしていきたいと思います。インフィルとは、構造の内側を埋めるために使われる構造体です。3Dプリンタでは構造の内側はフィラ...

データはこちらにアップロードしておきますので、ダウンロードはご自由に。

スポンサーリンク

Slic3rでデータを読み込む

それではSlic3rでスライスしてみましょう。

Slic3rを起動します。

データの読み込み方法は、Slic3rの画面にデータをドラッグ&ドロップするか、左上の「Add」から読み込む方法があります。

ドラッグ&ドロップは分かると思うので、今回は「Add」から読み込んでみましょう。

ファイル選択ウインドウが開くので、読み込みたいデータをクリックし、右下の「Open」をクリック。

ちなみにSlic3rでは、STL、OBJ、AMF、3MFというファイル形式が読み込めるようです。

読み込むと左のウインドウに構造が現れ、「Export STL…」、「Print」、「Export G-code…」がアクティブになります。

また読み込んだ構造をクリックすると、右下の「Info」に情報が表示されます。

これでデータの読み込みは完了です。

スポンサーリンク

Slic3rでスライシング

Slic3rの場合は、どうやら読み込んだ時点でスライスが終了しているようです。

画面下の「3D」、「2D」、「Preview」、「Layers」というボタンを順にクリックしてみましょう。

こちらは「3D」のボタンをクリックした時です。

プリントされる構造が3Dで表示されます。

「2D」だと上からみた構造が表示されます。

「Preview」 だと再度3Dに戻り、スライドボタンが表示されます。

このスライドボタンを動かすと、それぞれのレイヤーでどのようにプリントされるか確認できます。

「Layers」では同じようにそれぞれのレイヤーが2Dで確認できます。

ということでスライスは完了しているので、プリントしてみましょう。

スポンサーリンク

USBケーブル経由でプリントしてみようとするが…

プリントするのは簡単。

右側の「Print」をクリックするだけ…

だと思ったのですが、どうやらUSB接続がうまく認識されていないようです。

そこで再度「Printer settings」を開き、確認してみます。

「General」の「USB/Serial connection」の右側に「Test」というボタンがあるので、「Serial port」と「Speed」を色々変えてみて、接続確認をしてみます。

しかしどういう組み合わせにしても、下のようなウインドウが現れ、接続できませんでした。

仕方ないので、USB経由でプリントするのは諦め、SDカード経由でプリントしてみます。

スポンサーリンク

G-codeファイルの作成

ということで、3Dプリンタが読み込める形式であるG-codeを作成してみましょう。

「Plater」で「Export G-code…」をクリックします。

ファイル保存のウインドウが出てくるので、「Save as」のところに名前を入力し、そして「Where」のところで保存先を選択し、「Save」をクリックします。

するとG-codeファイルが保存され、「Plater」に「Print Summary」が表示されます。

「Print Summary」に表示されるデータは、フィラメントの長さ、重量、コストです。

プリント時間は表示されないのですね。

ちょっと残念。

G-codeの保存先のフォルダを見てみましょう。

「infill.gcode」というファイルが新しくできていますね。

こちらのファイルをSDカードに保存し、3Dプリンタで出力します。

その結果は次回ということで。

3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rで実際にプリントしてみた 〜Ultimaker Curaとの比較〜
プリントしてみる前回、Slic3rを使って、簡単なデータをスライシングしてみました。今回は実際にプリントしてみましょう。前回までにG-codeファイルの作成は終わっているので、SDカード経由でプリントしてみ...

ではでは今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました