3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rのサポート形状全部試してみた 〜準備編〜

3D Printer
スポンサーリンク

Slic3rのサポート形状

前にSlic3rとUltimaker Curaのサポート性能の比較をした際、Slic3rにはサポートの形状が4つあることが判明しました。

2つの無料スライサーソフト Slic3rとUltimaker Curaのサポートを比較してみる 〜その1:準備編〜
造形の質に大きく影響するサポート前にUltimaker Curaのサポートを検討した際、やはりサポートを使うと、サポートを剥がした面が汚くなってしまうと言うことを解説しました。ただこのサポート。スライサーによって形...

今回はそれを全部試してみようという企画です。

Slic3rで使えるサポートの形状は、「rectilinear」、「rectilinear grid」、「honeycomb」、「pillars」の4種類です。

これを変えることで、何が変わってくるのか?

造形の精度に何か影響があるのか?

そこのところを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

実験用データの作成

まずはFreeCADで実験用データの作成を行います。

とりあえずいつも通りFreeCADを起動し、新規作成を行います。

今回はXZ平面にスケッチを作成します。

線を使って、X軸側が狭い台形を作ります。

右側の線の長さを10 mm、下の線の長さを5 mmに拘束し、

上の線と左の線の角度を45度に拘束し、

左下の点を原点に拘束します。

スケッチを抜けて、パッドで10 mm押し出していきます。

今回はこれだけ。

データを保存し、STL ファイルにエクスポートします。

データはこちらにアップロードしておきますので、ダウンロードはご自由に。

スポンサーリンク

Slic3rでスライシング

それではスライシングしていきましょう。

Slic3rを起動し、データを読み込みます。

そして「Print settings」の右端にある歯車マークをクリックします。

左のウインドウで「Support material」をクリックし、以下の項目を変更します。

Generate support material: チェックを入れる

Overhang threshold: 60

Contact Z distance: 0.2 (detachable)

Pattern: rectilinear

Support on build plate only: チェックを入れる

そして左上の「Plater」のタブをクリックし、初期画面に戻ります。

そして構造が出ている画面の下にある「Preview」をクリックすると、どのようにプリントされるか表示されます。

それぞれパターンを変えて、どうプリントされるか見てみましょう。

Rectilinear

Rectilinear grid

honeycomb

Pillars(デフォルト)

Pillarsだけが少し形状が違うのが分かります。

他のパターンの違いはどこにあるんでしょうか?

スポンサーリンク

G-codeへ変換

とりあえず「Export G-code」のボタンをクリックし、G-codeに変換してみます。

Rectilinear

Rectilinear grid

honeycomb

Pillars

使用するフィラメント量には大きな差はみられません。

構造が小さいからなのか、もともと差がないのか。

ただ1つ言えることは、デフォルトであるPillarsが一番フィラメント使用量は多いということ。

もし造形の綺麗さに差がないのであれば、他のパターンを選ぶ方がお得かもしれませんね。

とりあえず今回は準備編ということで、ここまでにしておきましょう。

次回、実際にプリントしてみて、差がないか確認していきます。

3Dプリンタ用スライスソフト Slic3rのサポート形状全部試してみた 〜結果編〜
実際にプリントしてみた前回、Slic3rのサポートのパターンを検討するため、データの準備を行いました。今回は実際にプリントして、何が違うのか確認していきましょう。ということでプリントしてみました。左...

ということで今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました