アプリバージョンのTinkercadを試してみる 〜その1: iPad miniにインストール&サインイン〜

スポンサーリンク

Tinkercadのアプリバージョン

前にブラウザベースの3Dデザインツール Tinkercadを解説しました。

初心者が直感的にデザインできる無料3D CAD Tinkercad 〜その1:アカウント登録編〜
Tinkercadとは?これまで3PySciでは、3D CADソフトとしてFreeCADを使ってきました。FreeCADは本格的な3D CADが無料で使えるとはいえ、2Dと3Dを行き来する「スケッチ」だったり、図形を固定す...
Tinkercad | From mind to design in minutes
Tinkercad is a free, easy-to-use app for 3D design, electronics, and coding.

最近何気なくApp Storeで「Tinkercad」と調べてみたら、iOS用のアプリがあることを発見しました。

私自身、これまでにもiPadやiPhoneで3Dデザインができたらいいなぁと思って、色々な3D CADアプリを探していました。

それでもなかなかピンとくるアプリは見つからなかったわけです。

しかしこのTinkercadのアプリを見つけて、試してみた時、まさにブラウザで使っているTinkercadと変わらないので、せっかくなら紹介しておこうというのが今回のストーリーです。

とりあえずなんだかんだいう前にダウンロードページを紹介しておきましょう。

Tinkercad

Tinkercad

Autodesk Inc.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

残念ながらiPadだけ?

といいつつも最初に残念なお知らせから始めなければいけません。

見つけたアプリはPadOS用のみで、Android用は見つける事はできませんでした。

またPadOS用ということで、iPhone(iOS)に対応していませんでした。

別にiPhone用のアプリがあるのかなとも思って、探してみたのですがやっぱり見つかりませんでした。

ブラウザの方のTinkercadを見ても分かるように、結構画面領域を使いますし、iPhoneではちょっと画面が小さすぎるので、iPhone用アプリが無いのは納得です。

しかしAndroidにおいてはタブレットPCもありますし、結構タブレットPCでデザインしたい人もいるんじゃないかなぁと思うのですが、何でないんでしょうね?

とりあえず今回はiPad用のTinkercadを紹介することにしましょう。

スポンサーリンク

使用するiPadの紹介

今回使用するiPadは2019年に発売された「iPad mini5」です。

名称iPad mini (2019) 第5世代
CPUA12 Bionic
容量64 GB
ディスプレイRetinaディスプレイ
Wi-FiIEEE 802.11a/b/g/n/ac

iPad miniに関しては、iPad mini4の発売が2015年に対して、iPad mini5の発売が2019年と4年の隔たりがあります。

その間にCPUもA8からA12と4世代変わっているので、古いiPad miniでも同様に動くかどうかは分からないので、ご了承ください。

スポンサーリンク

とりあえず起動してみた

ということでiPad mini 5でApp StoreからTinkercadをインストールしました。

‎Tinkercad
‎Tinkercad is a free collection of tools that help people all over the world make anything. KEY FEATURES: • Easily build 3D designs using a touchscreen with c...

そしてとりあえず何も考えず起動をしてみます。

画面は強制的に横向きに変わります。

確かにブラウザバージョンでは横長の画面で右にツールボックスがある並びになっています。

参考までにブラウザバージョンのTinkercadの画面はこちら。

これがiPadバージョンではどう配置されるのでしょうか。

とりあえず進めていきましょう。

何やら右側に見えるのでスワイプしていきます。

どうやら出来ることの説明のようです。

まずは「3Dデザイン」。

これが目的なので、出来てもらわないと困ります。

次は「Codeblocks」という機能です。

こちらはmicro:bitで紹介したMakeCodeエディターのようにブロックをつなげてプログラミングする機能のようです。

デバイスを使ったプログラミング学習にmicro:bitはいかが? 〜紹介と開封の儀〜
micro:bitとはなんぞや?とにかく小さく色々と楽しめるコンピュータなんですが、とりあえず公式サイトを紹介します。そして基本的な情報はやはりWikipediaが詳しいので、引用します。BBC Micro...

ちょっとこれはこれで試してみたいですね。

次は「Scribble」という機能。

こちらはブラウザバージョンのTinkercadのBasic Shapeを紹介した際にも出てきましたが、「らくがき」という機能ですね。

初心者が直感的にデザインできる無料3D CAD Tinkercad 〜その4:Tinkercad - Basic Shapeの解説①〜
Tinkercad - Basic Shape前回、Tinkercadで準備されている図形を大まかに紹介しました。今回は図形の中でもTinkercad - Basic Shapeに焦点を当てて、解説をしていきます。...

iPadバージョンでは、Apple pencilが使えるようです。

最後は3Dプリンタやレーザーカッターを利用した「モノ」として作り出そうということのようです。

ということでiPadバージョンのTinkercadの紹介が終了しました。

実際に使用するにはこちらの画面で「Start tinkering」をタップします。

スポンサーリンク

Tinkercadアカウントへサインイン

と言いつつも実際に利用するにはまずはTinkercadアカウントにサインインしなければいけません。

まだTinkercadアカウントを取得していない方は、まずは下の記事をご覧ください。

初心者が直感的にデザインできる無料3D CAD Tinkercad 〜その1:アカウント登録編〜
Tinkercadとは?これまで3PySciでは、3D CADソフトとしてFreeCADを使ってきました。FreeCADは本格的な3D CADが無料で使えるとはいえ、2Dと3Dを行き来する「スケッチ」だったり、図形を固定す...

アカウントの登録が完了していたら、下の方の「Sign In」をタップします。

次の画面でサインインの方法を聞かれますが、私はメールで登録したので、「Sign in with Email」をタップしました。

まずはメールアドレス、またはユーザ名を入力し、「次へ」をタップ。

次にパスワードを入力し、「次へ」をタップ。

サインインに成功すると、ブラウザのダッシュボードと同じ画面が現れます。

とりあえず「Create new design」をタップして、作業スペースを見てみましょう。

ブラウザバージョンと全く同じ画面ですね。

ちなみにブラウザバージョンはこんな感じ。

本当にそっくりな画面で、PC、iPad間を行き来してもすんなりと入っていけそうですね。

今回はここまでにして、次回操作の方法と操作感のレビューをしたいと思います。

アプリバージョンのTinkercadを試してみる 〜その2: iPad miniでの操作方法と操作感〜
iPadバージョンのTinkercad前回、iPadバージョンのTinkercadをiPad mini5にインストールし、サインインしてみました。今回は操作方法を解説し、操作感のレビューをしてみたいと思います。...

ということで今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました